• 不断水による効率的な配管工事

    現在では上下水道の配管工事を不断水により行う技術が一般化しています。
    配管内の水流を停止せずに配管工事を行う技術には2種類のものが存在します。

    割T字管と呼ばれる分割型のT字管と穿孔機を使用して配管に穴を開けるのが不断水分岐工法です。


    一方液体窒素を使用して施工箇所の両端を凍結させる方法は不断水凍結工法と呼ばれています。

    評価の高い不断水の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

    いずれも短い工事期間と安い費用で配管工事を行うことができます。
    もともと不断水による配管工事の技術は上水道の分岐管やバルブを設置するために開発されましたが、現在では下水道のバイパス菅や空気弁を設置するためにも活用されています。
    以前はバルブを閉じて配管内の水流を停止してから配管工事を行うのが一般的だったため、工事現場の周辺で断水が生じました。

    Yahoo!知恵袋の情報がてんこ盛りのサイトです。

    断水の影響に備えるためには、周辺住民への事前の告知や給水車の出動が必要となります。また古いバルブを開閉することで赤錆が剥離して配管内の水が赤く濁る場合も存在します。そのため工事完了後には配管内の清掃が不可欠でした。


    配管内の水流を停止せずに工事を行う2つの工法は、いずれもバルブの開閉が不要なため赤錆が剥離することもありません。


    凍結工法の場合には施工部分のみ部分的な断水が生じますが、全体的には水流を止めずに作業を行うことができます。


    またいずれの工法も作業が非常に簡単なため、短時間で工事を行うことができます。



    不断水による技術は従来の工法と比較して作業自体の時間が短いだけでなく、断水対策や清掃の手間を省略することで効率的な工事を可能とします。


  • 身に付けよう

    • 建物の排水管に漏水が起きた場合は、補修しないと水浸しになってしまいます。放っておくと水のせいで建物の劣化が進み、腐ってしまうこともあります。...

  • 読めば解る

    • 不断水工事で部分的に水を止めるには、バルブで閉めるか凍結させるかが一般的です。このうち、バルブだと断水の範囲を施工部分に対して大きく確保する必要があります。...

  • 最新考察

    • 不断水工法は、水道管などの工事を断水しなくても行うことができる工事の方法のことです。たいていの工事では、断水をすることがつきものになっていましたが、水の流れを一瞬求めることなく工事をすることができるため、産業的に利用しいているところや、医療などで断水されると困るところなどで行われることが多くなっています。...

  • 知りたい情報

    • 不断水により配管工事を行うことで得られる最も大きなメリットはコストの削減です。配管内の水流を停止せずに作業を行う技術を活用することで、周辺住民への断水対策や配管内の清掃などの手間を省くことができます。...