• 不断水で配管工事を行うメリットとは

    不断水により配管工事を行うことで得られる最も大きなメリットはコストの削減です。
    配管内の水流を停止せずに作業を行う技術を活用することで、周辺住民への断水対策や配管内の清掃などの手間を省くことができます。


    また不断水により配管工事を行う技術はシンプルなため、工事自体に要する時間も短くて済みます。手間の省略と工事期間の短縮は人件費の削減につながり、総合的なコストを削減することを可能とします。

    配管内の水流を停止せずに配管工事を行う技術には大きく2種類に分類することができます。まず割T字管と穿孔機を使用して配管に穴を開けるのが不断水分岐工法です。



    この工法では穿孔機のドリルを使用して配管に穴を開けることになりますが、削りかすは水圧で穿孔機内に取り込まれるため配管内に残ることはありません。

    分岐管を設置する場合には仕切弁を使用して作業を行います。


    仕切弁には分岐管が接続され、工事完了後にも開閉バルブとして利用されます。

    仕切弁はゲートバルブと呼ばれるように、開閉のみを行うバルブの一種です。

    水流の量を制御するためのバルブを設置する場合には仕切弁ではなく作業弁を使用します。

    ガジェット通信の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

    作業弁はバルブ設置後に取り外されることになります。

    分岐管とバルブのいずれを設置する場合にも基本的な作業は共通です。

    一方不断水凍結工法は液体窒素を使用して施工部分の両端を凍結させ、部分的な断水により作業を行います。
    分岐工法・凍結工法のいずれを選択した場合にも短い期間で効率的な配管工事ができます。



    不断水による配管工事の技術は作業効率を向上させ、コストの削減を可能とします。