• 不断水工事で凍結工法を用いるメリット

    不断水工事で部分的に水を止めるには、バルブで閉めるか凍結させるかが一般的です。

    このうち、バルブだと断水の範囲を施工部分に対して大きく確保する必要があります。一方、凍結させる工法では施工部分の周りに部分的に凍結容器を設置すれば、必要最小限の範囲だけで施工することが可能です。



    これまでは全館断水しないと工事ができなかったところでも、ワンフロアだけ断水などという小規模な工事で済ませることができます。

    休館ができないような事情がある場合にも有効です。

    Girls Channelについての情報を提供しています。

    さらに、凍結工法だと任意の場所へ一時的にバルブの代わりとして利用できるので、古いバルブの開閉のせいで生じてしまう赤水の発生を防止することができます。洗管をする手間も減らして作業効率をアップすることができます。
    不断水工事の作業が終わって水抜きや水張りの作業が必要になった時にも、凍結工法だと作業範囲を狭めることが可能なので作業時間を大幅に短縮することが可能です。

    すぐに水を復旧させたいという時にも対応できます。凍結工法の施工は任意の場所にできるので、バルブが壊れた時の交換作業にも利用可能です。



    多目的に使えるということで、多くの不断水工事業者が採用しています。
    ただし、凍結工法は水が静止していないと使えません。


    この場合は仮止水バブルを挿入して一時的に水の流れを止めてから凍結させて、仮止水バルブを撤去することで通常の凍結工法と同じように施工する方法もあります。