• 不断水工法についてのこと

    不断水工法は、水道管などの工事を断水しなくても行うことができる工事の方法のことです。



    たいていの工事では、断水をすることがつきものになっていましたが、水の流れを一瞬求めることなく工事をすることができるため、産業的に利用しいているところや、医療などで断水されると困るところなどで行われることが多くなっています。

    ジョルダンニュース!情報ならこちらのサイトです。

    不断水工法には、通常の水の通り道とは別に、分岐の道を作り上げて、その分岐の道に水を迂回させて通すことによって行うことが可能になっています。
    分岐の道と通常の水の通り道の切り替えは、専用のバルブを使うことによって行うことができ、水を止めないで行うことが可能になっています。

    不断水工法のメリットには、断水に備えて、水を汲み貯めておく必要がないことがあります。

    水をためておくためのタンクの準備や、水を置く場所などを確保しないで工事をすることが可能であり、長期間の工事が必要な場合には、安心することが可能です。

    また、工事の前後に赤い水が発生しないこともメリットになっています。



    工事のためにバルブを外したりすることによって、さびなどが水の通り道に入るというリスクがなくなり、きれいな水を使い続けることができるため、魅力的になっています。

    そのほかのメリットとして、断水の事前告知や給水車の準備が必要ないこともあります。

    都市部などの上下水道の工事をする場合には、広域なエリアの断水をしなくても大丈夫であるため、生活に支障を与えないなどのメリットがあります。